香港民主化運動の全貌 実物から創作アートまで

香港が中国に返還されてから、政府は香港人の民主を求める声を無視してきています。昨年6月に政府が強行させようとした逃亡犯条例改正案がついに民主化運動の発端になりました。一年経った今、一句のスローガンはおろか、一枚の白紙にも犯罪行為につながります。民主化運動を持続するには、どうすればよいのでしょうか。

Credit: Joseph Chan
2019年6月9日、香港島に100万人が逃亡犯条例改正案に抗議するため集まりました

Be Water, my friend.

李小龍(ブルースリー)

香港人は民主と自由を求める運動の中、自分たちに柔軟性の重要さを忘れないようにと上記の言葉を言い続けてきました。香港人は変幻自在な水のように対応してきました。

Credit: Tam Ming Keung / 平和デモを繰り返しても香港政府は動かないため、だんだん激化された香港市民

私たちは2020年12月16日から20日まで、東京で香港民主化運動に関する展覧会を計画しています。展覧会は民主化運動における、異なる背景を持つ香港人の各段階での対応を、水の形態と特性に関連性つけて表します。

香港民主化運動に関心を持つ方、是非ともご来場くださいませ。
心よりお待ちしております。

アクセス

会期 2020.12.16(水)-19(土)
   10時-18時
   2020.12.20(日)[ 最終日 ]
   10時-14時
   最終入場は閉館30分前

   鑑賞時間の目安は約1.5時間

場所 目黒区美術館区民ギャラリー
   https://mmat.jp
   各線目黒駅から徒歩10分

入場無料

従 う か 逆 ら う か

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。